テレクラを利用するのは若い女性だけとは限らない

テレクラと言えば、若い女の子との会話を楽しむイメージがあります。
確かに、テレクラは若い女性も多く利用していますが、一方で中年代の女性も多くテレクラを利用しているのです。
現に、テレクラが流行っていた当時は、人妻や熟女との会話を楽しんだという人もたくさんいたのです。

今のテレクラサイトを見ても、30代や40代の女性も結構多く見受けられるので、女性の年齢層もかなり幅広いと言えるのです。
若い女の子との会話も楽しいものではありますが、一方で人妻や熟女との大人の会話も、それはそれで違った魅力があるのです。
特にエッチな会話になれば、人妻や熟女の方が経験もテクニックもあるでしょうから、より興奮できるという人も多いのです。
人によっては、もはや熟女や人妻でないと満足できないなんて人もいるのです。
また、リアルのエッチは若い女の子の方がいいけど、テレフォンセックスは熟女や人妻の方がいいという人もいたりします。

ただ、そもそもどうして熟女や人妻がテレクラを利用するのでしょうか?
もちろん、単純にお金を稼ぎたいという理由の人もいますが、性欲を満たしたりストレスを解消させたいと思い、テレクラを利用する人もたくさんいるのです。
特に人妻ともなれば、他の男性と付き合うこともできませんし、専業主婦だと行動する範囲も限られるでしょうから、どうしても性欲に飢えてしまったりストレスが溜まりやすくなってしまうのです。

だからこそ、夫がいない時にこっそりとテレクラを利用し、テレフォンセックスなどで性欲を満たすわけです。
これなら、夫にバレることもまずありませんし、いつでも気軽に欲求不満とストレスを解消できるのです。
もちろん、中には実際に男性と出会って、リアルでセックスをしたり付き合ったりする人もいます。
まあ、そのような人妻はテレクラだけでなく、出会い系サイトなどにも存在するのですが、むしろ人妻だからこそ男性と出会いたいと思うわけです。

テレクラで利益を得ることはできるのでしょうか?

昔は物凄い数のテレクラ店が存在していましたが当然ですが利益を得るためにお店を営業していたわけです。
では、本当にテレクラで利益を得ることはできるのでしょうか?
まず、利益を得るためにはお客さんの確保は欠かせません。

昔は、テレクラを利用する人の数はたくさんいましたが、その分お店の数もたくさんありましたから、他のお店との競争を強いられていたのです。
そのため、サービスの充実はもちろんですが、女の子をたくさん雇ったり、宣伝を積極的に行ったりして、お客さんへのPRをしていたのです。
ただ、サービスを充実させたり、女の子をたくさん雇ったり、宣伝を積極的にやろうと思ったら、どうしても経費がかさんでしまいます。
それらの経費に加えて、お店の賃料や税金なども支払わないといけないので、テレクラの全盛期でも利益を得ることは容易ではなかったのです。
そのため、テレクラのお店をオープンするお店もたくさんありましたが、一方で閉店するお店もたくさんあったのです。

中には、莫大な赤字を抱えたまま閉店を余儀なくされるお店もあったのです。
その一方で、一度軌道に乗りさえすれば、安定して利益を得ることもできたのです。
お客さんからの信頼を得て、固定客をたくさん作ることができれば、経費なんてすぐに賄うことができますし、なおかつそれなりの利益を得ることができるのです。
ただ、そこまで辿り着くまでにどうしても労力を要しますし、そこに辿り着く前にドロップアウトするお店も多かったのです。

また、そもそもそこまでお金をかけられるお店も多くなかったので、弱肉強食の時代でもあったのです。
まあ、これは何もテレクラのお店だけに限らず、あらゆるサービス業界に言えることですが、常に競争の中で生きていなければいかないので、常に勝者と敗者は存在するものなのです。
テレクラの世界も、実際は非常に厳しい世界での戦いだったのです。

お店の前に行列なんて今では考えられないですが

信じられないかもしれませんが、テレクラが1番盛んだった時期は、人気店の前に行列ができたりしたものです。
まあ、行列と言うとさすがにオーバーかもしれませんが、普通にお店の前に数十人程度並んでいたのです。
やはり人気のあるお店であったり、女の子が多く在籍するようなお店だと、それだけお客さんも多く押しかけるのです。

大型のお店であっても、やはり収容できる人数には限りがあり、待機室もいっぱいの状態になれば、外で待ってもらうしかないわけです。
もちろん、そのような状態だと他のお店を利用するという選択肢もありますが、並んでまでそのお店を利用するということは、それだけ実績があり信頼をされている証拠なのでしょう。
やはり、サラリーマンが仕事から帰る、夜の6時から7時ぐらいがピークになりやすいです。

繁華街に行けば、多くのサラリーマンがテレクラのお店に入るのを見かけたものです。
さて、ピーク時には行列ができるほどお客さんで溢れかえるわけですが、逆に平日の昼間などの時間帯は、人気店でも閑散とすることが多かったです。
ですから、あえてそのような時間帯を狙う人もいましたし、有給を取ってもでも平日の昼間に利用する人も少なくありませんでした。
もっとも、ピーク時以外の時間帯は、逆に女の子からの電話の数も多くなかったので、一概に平日の昼間だと会話しやすいとは言えなかったのです。
ピーク時は、確かにお客さんの数も多いですが、その分女の子からの電話の本数も多いので、案外あっさりと会話できる可能性も高いわけです。
また、お店によってもどの時間帯に最も電話がかかりやすいのか違いますから、テレクラの達人にもなれば、お店ごとの傾向や特徴をしっかりと把握していたのです。
ある意味テレクラでは、お客さん同士の駆け引きも重要ですし、お客さん同士での競争も激しかったですから、いろんなテクニックを要求されたのです。

テレクラでモテる人

今回はチャットレディにモテる為の秘訣を検証して行きたいと思います。
まず基本として、チャットレディを常に褒めてあげましょう。
ですが過剰にベタベタ褒めるばかりでは、相手も飽きてしまい兼ねませんので、さりげなくお喋りの中に褒め言葉を散りばめるテクニックが必要でしょう。
例えば「○○ちゃんと話すとホント癒されるんだけど、皆んなからそう言われるでしょ?」「他の子達と違って○○ちゃんの考え方は大人だよネ」などは有効です。
女性心理として「自分は他の女性達とは違う特別な存在」という意識願望がありますので、この部分をピンポイントで刺激すると、
女性は驚く程あっさりと心を許すモノなのです。

そしてこちらからも自身の顔を相手に公開するのも効果があります。
チャットレディからすれば「自分だけが顔を見せている」という状態に不安を覚えているケ−スも多く、男性側も顔を見せる事で安心感を届ける事が可能なのです。
これが結果より親密な関係を築く事にも好影響しますので、結果チャットライフが一層楽しいモノへと昇華して行くのです。
そして女の子の選び方ですが、最初に各々運営サイトのイベントやキャンペ−ン期間などの情報を募りましょう。
次に無料体験サ−ビスを利用して実際にテレクラを体験してみましょう。

ちなみにテレクラサイト選択時の着眼点としては、好みのタイプの女の子が存在してるのか、画像音声は良好なのか、を確認の上、
必ず利用規約の内容を熟読把握して下さい。
そして女の子を最終決定するに際しては、アナタ自身が「どうしたいのか」をキチンと自己確認しておかねばなりません。
仮にアナタが「女の子の裸がとにかく見たい!脱がせたいんだ!」と願っているのであれば、敢えて新人チャットレディをタ−ゲットにしましょう。
新人さんは利用者の希望に快く対応してくれるケ−スが多い事を知っておいて下さい。

ですが強要は絶対にダメで、あくまで女の子と恋人感覚でのお喋りを楽しんだり、相手の同意が前提でバ−チャル的なエッチなサ−ビスを提供してもらう、
そんなネット上のサ−ビスである以上、実際の出会いやエッチな行為の強要は禁止行為となっているのです。
ル−ルとモラルを守ってエンジョイする事を忘れてはなりません。
また「女性経験が少ないので会話に自身が持てない」という場合、人気の高いチャットレディを選ぶ事をオススメしておきます。

ベテランの人気チャットレディはルックスが抜群な上に、男性客の接客術と話術にも当然長けていますので、
口下手な男性でも思いやりの心で上手にリ−ドしてくれ、楽しい時を提供してくれますから、安心してテレクラを満喫出来る事、間違いありません。
まずはお金を遣わず、無料体験サ−ビスを有効活用して実際にサイトを体験してみる事、これがポイントなのです。

テレクラのマナー

テレクラを愛用している男性の中には、チャットをケチってメ−ルのみの意志疎通を目論む輩が存在しており、
同じ男性としては何とも、腹立たしいやら情けないやら・・・
皆さんもお察しの通り、どれだけメ−ル交換を重ねてもチャットレディの懐が温まる事はありません。

ですから過剰にメ−ルばかりを届け続ければ、確実にアナタは嫌われてしまうと断言出来るのです。
チャットレディが嫌悪感を露わにしているにも関わらずメ−ル送信を続けると、迷惑行為とみなされ着信拒否処置ばかりか、
最悪テレクラ運営会社への通報から更なるペナルティが課される可能性も否定出来ません。
そんな最悪の展開を回避する為にも、メ−ル送信は必要最低限の連絡のみに留めておきましょう。
そして更に厄介な事に、チャットレディに嫌われた事に対する腹いせに、虚偽の噂話を流す輩が存在するから困りモノです。

これは男性会員という範疇のみならず、人間として許されない愚行であり、稀に何かの偶然からチャットレディの個人情報を入手出来てしまった場合、
それをネット上に公開した上に誹謗中傷する・・・明らかな違法犯罪行為に及ぶ存在が見られている現実があるのです。
そんな愚行には何の見返りも無く、テレクラはあくまで純粋に「楽しむ」ネット上のサ−bすですから、間違ってもアナタがこんな首謀者になってはなりません。
ちなみにテレクラレディに好感を抱かれたいのでれば、まずは人間としての基本的なモラルとマナ−を持って接する事が大前提です。
当たり前過ぎて文字にするのもどうかと思いますが(苦笑)。

Copyright(c) 2010 話題のテレクラサイト紹介【fiveamericans】 All Rights Reserved.